お知らせ・ブログ

日記

シャンプー

一般大手メーカーのシャンプー、石けんシャンプー、石けん(固形)でシャンプー、これが自分の洗髪用洗剤使用履歴ですが、長髪だったころを含め「髪を洗う」というより「頭皮を洗う、髪はついでに洗えてしまう」感覚で使っています。頭皮を洗うのは、皮膚を洗う、顔を洗うのと一緒のことなので、顔を洗えるシャンプーだったら頭に使ってもいい、くらいの感覚になってます。固形石けんは経済的ですしね。石けん(で)シャンプーが初めてとか、毛の細い人とか傷んでしまっている人は、使うときにちょっと酸性成分を混ぜるとか油分を垂らすとか、アルカリを穏やかにすると使いやすいかもしれません。

身体をいろんなパーツに分けて、部分専用の洗剤にしないと販売が伸びない、とあるメーカーさんから言われたことがあります。なんとか専用です、とかいわれると分解好きな自分としてもわくわくしたりしますけど、結局あんまり必要のない原料とか成分が添加されて付加価値をつけられて、さらに宣伝文句(これも費用)で極端に(あくまで材料)原価の安い製品を高くかってしまってる…ことが多いです。それなら元々原料がよくてシンプルで、汎用性のあるものを納得をして使う方がよいなぁと考えたりします。シンプルな洗髪剤に、シンプルなリンス剤、シンプルなアフターケア剤、そんなセットをオリジナルで考えてみたいですね。