お知らせ・ブログ

生産者日記

こころ野便り ネオニコチノイド

こころ野便り ネオニコチノイド


滋賀県高島市で行われた農薬の危険性についての勉強会に参加した。

農薬を使わなくなって以来、栽培技術への関心ばかりが強くなってしまい農薬の危険性についての話を聞くのは本当に久しぶりだった。

ネオニコチノイドとは、煙草に含まれるニコチンを真似て開発された農薬の総称。

ミツバチの大量死が問題となりその原因として注目された農薬である。

人体への影響は無いとされているが、ニコチンが体に悪い事は、周知の事実。

どうやら害虫の駆除という本来の目的以外のところで不都合な真実が、隠されていそうだ。

ミツバチの大量死の原因とされているように害虫以外の虫たちも死んでしまうという事・水に溶けるため水生生物にも影響する事・浸透性が有る為植物内部にまで浸透し洗っても取れない事・昆虫の神経系に作用し神経の興奮状態が続き死に至るのだが人間の神経でも同じ物質が神経の伝達に関与している。

それが児童のADHDの増加に関与が疑われる等が、指摘された。

受益者側の理論に基づく絶対安全と言う言葉に説得力が無くなった昨今、ミツバチからの警鐘に耳を傾けるべきだと思う。

 

 

田中 真弥

 

 

田中 真弥_2010_10_6.JPGのサムネール画像