お知らせ・ブログ

農産だより

39号 田中真弥:夏野菜

tanakashinya.jpg

7月中は、沢山とれていたナスが、8月に入り収穫量が落ち始めた。

高温や乾燥でなり疲れが出てくる時期だが台風の接近以降雨の日が多くなると
根から入る病気が、一気に広がった。
次々に萎れて行く株を見ていると悲しくなる。
種から育て色々と手を掛けて来たからなおさらだ。
農薬を使わない農業の宿命的な一面かもしれない。
だからナスだけの単作にしていないのだけれど。

でもこんな時思う事が有る。

助ける手立てが色々と準備されている時代もし自分の子供だったらと。
知り合いの農家から稲わらを大量にもらえる事になった。
これで堆肥を作り来年のナスづくりの準備を始めたいと思う。
農薬を使わない以上やはり土作りに力を入れるより他ないだろう。

他の野菜も虫の害が目立つようになってきた。夏野菜の収穫もそろそろ終わりだ。