お知らせ・ブログ

日記

3月になりました!

いよいよ3月になりました。
寒さの苦手な僕にとっては、ようやく心落ち着く季節に近づこうと
しています。

ですが、日本でしか味わえない、三寒四温が楽しめる時期でもありますので、
この時期を少しでも楽しもうと思います。

ところで、先日、京都の生産者の平井さん(亀岡)、内田さん・野村さん
(淀)、田中真弥さん(久御山)とお会いし、昨年から今年にかけての
農産物の現状をお聞きしてきました。

皆さん、口をそろえておっしゃったのが「長年、農業をやっているけど
こんな年は初めてや!」とのこと。

10月の台風2連発と長雨、さらには年明けの寒波。もうお手上げといった
状況だったのかもしれません。
農家さんがここまで同じことをおっしゃるのも頷けるくらい、葉物や根菜が
ことごとく生育しなかった年でした。
市場でも野菜の高騰が続き、家計にも大きな影響を及ぼしたことと思い
ます。

ですが、そんな状況の中でも、少しでも皆さんにとの思いで、懸命に出荷を
してくださっていた農家の皆様に、頭の下がる思いと感謝の気持ちでいっぱい
になりました。

また、もう一つ、感謝をしなければならないのが、べじべじ会員の皆様です。

私は、週に1回だけですが、配達をさせていただいています。
その際、農産物をお届けできない状況をお話しさせていただくこともあるの
ですが、多くの会員様が「自然のことだから仕方がないね。農家さんも一生
懸命頑張ってくださっているのだから。食べられることをありがたいと思わん
と。」というお声を頂戴し、泣きそうになったこともありました。
本当に、ご理解をいただける会員様が多いことに感謝いたします。

最後になりますが、この異常気象がいつかは通常気象になるかもしれないという心配も
頭をよぎります。
今ある、すべての農産物、もっと言えば「命」に対し、日々感謝を忘れては
いけないことを改めて思い知らされました。
場合によっては、マクロビオティックで言われている「身土不二」を今一度、
考え直すきっかけになっているのかもしれません。