お知らせ・ブログ

農産だより

台風21号の爪痕

べじべじ倶楽部の企画担当田中です。

今年の夏は全国各地災害が多く不安になられた方も多かったのではないでしょうか?

6月の大阪北部地震に始まり、例年よりハイスピードで発生する台風。

特に大雨被害が甚大だった台風12号や、京都でも経験したことないような風を感じた台風21号は、未だに復旧していない地域も多いと思います。

被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
また、一日も早い復興をお祈りいたします。

なかでも、台風21号の影響は他人事ではありませんでした。

べじべじ倶楽部では当日通常通りの配達をしていましたが、台風の中心に近づくにつれ、ドライバーからは「危険と感じる程になってきた」との連絡が入り、ニュースではトラックが停止した状態で横転していたので、人命最優先で配達休止という判断をさせて頂きました。

べじべじ倶楽部始まって以来、荒天での配達休止ははじめてのことだと思います。
ご迷惑をお掛けした会員様には大変申し訳ございませんでしたが、判断を暖かく受け入れてくださり誠にありがとうございました。

そんな台風21号はべじべじ倶楽部の契約農家である木下さんの田んぼにも大きな爪痕を残していきました。

収獲目前の、大きく垂れさがった穂は、大雨で水分を含み、重さを増したところへ、猛烈な風が容赦なく稲を倒しました。

倒れた稲はもとには戻らず、最悪の場合水に浸かれば腐ってしまいます。


稲穂.jpg
※度重なる風邪に揺られ、粒量が揃わない稲


風に揺られるだけでも、お米は影響を受け収穫量は減ってしまいます。

小屋や資材置き場も大きな被害を受けました。

小屋強風.jpg

建物倒壊.jpg

平成30年度産米は、大きく収量が減る見込みです。

べじべじ倶楽部では、来年以降も木下さんにお米を作って頂くことを最優先に考え、価格を少し上げさせていただく判断を致しました。

42号のカタログご注文分からになります。

いつもご愛顧いただいているお客様には、大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。

また、木下さんへの応援メッセージも募集中です。
カタログと一緒にお届けしている「インフォメーション」にてご意見欄に書いて頂ければ、必ず木下さんにお届けします。

何卒宜しくお願い致します。